film – invisible clothing

2018-
film - invisible clothing
個を包む膜

身体における感覚器である皮膜、網膜、鼓膜などのように
私たちには心や精神といったかたちのない
「わたし」を包む「膜」が存在すると考える。
その膜は記憶の蓄積により形成され、
新たな記憶を刻む感覚器に成り得る。

個や集合体それぞれのもつ知覚を膜の外へ置いてみる。
包まれていた膜には穴が開き、分割された面はやがて粒へとなる。
意識は外側へと向かい、内側と外側が溶けていくことを感じる。
例えば海の上にぽかんと浮かんだ自分自身を想像すると、
それに近いのかもしれない。
一方向からの想いや感じ方だけでなく
向こう側からの景色も感じとることが出来る。
知覚を外に置くことは、内と外の境界を曖昧にし、
周りとのつながりを滑らかにするのではないか。


Let’s put perception of individuals and ensemble outside of film.
A hole opens in the film, and the divided faces eventually become grains.
Consciousness goes to the outside,
we feel that the inside and outside melt.
For example if you imagine yourself floating on the sea,
it might be close to that.
We can know not only the feeling and sight from one side
but also the scenery from the other side.
I think that putting the perception outside of film
can be ambiguous the boundary
between the inside and the outside
and smooth the connection with our surroundings.